私は岩魚を釣る。しかし岩魚を釣る目的だけで春の渓流に出掛けるのかと、もし質問されるとしたら、そうだ--とは答えられない。

私はもっと欲張って、いろいろな楽しみをそこへさがしに行く。というよりはいろいろな楽しさを、そこで発見してしまうのだ。

釣方にしても、いきなり蔭から竿を振込むようなやり方はしない。ゆっくり時間をかけてソーッと壺をのぞきこむ、すると魚は私を岩かなんかだとおもって無視し、ゆうゆうと私のアゴの先で泳ぎまわる。その姿をながめるのは釣上げるときのスリルと同じように楽しい。

渓流の音だって注意して聴くと、いつも同じ音ではない。ちょっとした水の淀みや、流木が引掛かったために変る水流の変化で、実にデリケートなメロディーをかなでる。木の間をもれる陽の光、風の通過。枯枝の折れる音。羽虫の蛹。

私は岩魚を釣る。しかし釣師ではない。

(辻まこと 「春の渓流」 小学館ライブラリー『多摩川探検隊』より引用)

以上は、詩人にして画家である辻まことさんが書いた一編の詩です。

大好きな詩です。その情景に遊ぶ自分を思い浮かべながら読んでみてください。

RIVER-WALKは、この詩が表しているような、渓流釣りをしながら歩いて浸れるこの素晴らしき世界感を表現し、その素晴らしさを共有したいと願う方々に届ける試みです。

【お知らせ】

『RIVER-WALK Vol.1』が2016年9月21日に発売開始となります! お手に取っていただけると幸いです。

販売方法はこちらをご参照ください。

美しき渓流魚と出会える素晴らしさ、

苔むす石をたおやかに洗う川のせせらぎ、

木々の緑を光が透過する緑色の空気、

同じ空間を闊歩する生き物の気配、

遠い昔や近い昔、歩いていた人の生活や思い、

そんな諸々が作りだす物語を拾い、形にして、

共有したいと願う人たちに少しでも、

届けられたらよいなと思うのです。□

 

※『RIVER-WALK Vol.1』、2016年9月21日、販売を始めます!

販売方法はこちらをご参照ください。